保土ヶ谷区の不動産なら仲介手数料無料のコノミハウジング > コノミハウジングのブログ記事一覧 > 不動産査定を行う時に使われる3つの方法をご存知ですか?

不動産査定を行う時に使われる3つの方法をご存知ですか?

≪ 前へ|ハングリータイガー保土ヶ谷本店   記事一覧   不動産売却に関する3つの媒介契約の違いとは?選ぶ基準は?|次へ ≫

不動産査定を行う時に使われる3つの方法をご存知ですか?

カテゴリ:不動産売却コラム

これまで暮らしたマイホームを売却すると決めたら、

一番気になるのは「この家はいくらくらいで売れるだろうか?」

ということではないでしょうか。


その目安を知るために大切なことが、売却前に行う不動産査定です。

不動産査定では、様々なポイントをチェックして結果を算出しますが、

その方法は3つあります。


今回は、不動産査定で用いられる3つの方法をご紹介します。


不動産査定を行う人


不動産査定で用いられる方法① 原価法


原価法とは、土地を購入する時にいくらかかったのか、そして建物を建てる時にいくらかかったのか原価を積み上げて不動産の価格を査定する方法で、積算法とも呼ばれます。

これは、「同じ建物をもう一度建てるとするとどれだけお金がかかるのか」という考え方で計算し、そこから築年数に応じて下がった価値を差し引きます(減価修正)

もしリフォーム履歴があるのなら、その点も考慮して算出できるため、売主様にとってはコストも含めた現時点の不動産価値が判りやすいというメリットがありますよ。


不動産査定で用いられる方法➁ 取引事例比較法


取引事例比較法とは、売却予定の物件と似た条件の物件がいくらで成約となったのか参考にする方法です。

売却予定の物件の築年数・建物の状態・周辺環境などの条件と、過去の取引事例を合わせて査定価格を算出するこの方法は、中古物件の不動産査定で広く用いられています。

売主様にとっては、過去の取引事例を確認することで「なるほど、この条件ならこのくらいの価格で売れたんだな」と納得しやすいでしょう。


不動産査定で用いられる方法③ 収益還元法


収益還元法で不動産査定を行う


売却予定の物件を最高収益が上がる方法で賃貸したと仮定した場合、その収入に対して適切な収益率が得られる価格を算出する方法です。

不動産投資を行う場合の妥当な金額が判りやすいというのが、売主様にとってのメリットと言えるでしょう。


まとめ


不動産査定にまつわる方法として、原価法・取引事例比較法・収益還元法の内容と売主様が得られるメリットをご紹介しました。

また、この3つの査定方法には以下のポイントもあります。

 

・原価法と取引事例比較法は、原価や取引事例額が上昇すると査定額も上昇

 しやすく、時には非現実的な査定結果となることもある。

・収益還元法は賃料が根拠となっているため、非現実的な査定価格となりに

 くい。

 

不動産査定を行う時は、この点もぜひ覚えておきましょう。

 

横浜マンションライフではマイホーム売却に関するご相談も承っております。

難しい不動産査定についても丁寧にご説明しながら売却をサポートいたしますので、保土ケ谷区でマイホーム売却をご検討中の方は、ぜひご相談ください


【関連記事】

不動産売却に関する3つの媒介契約の違いとは?選ぶ基準は?

不動産売却に関する広告活動の種類とは?それぞれの特徴は?

≪ 前へ|ハングリータイガー保土ヶ谷本店   記事一覧   不動産売却に関する3つの媒介契約の違いとは?選ぶ基準は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 当社が選ばれる理由
  • 購入の流れ
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • ブログ
  • お問い合わせ
  • 更新情報

  • 会社概要

    会社概要
    コノミハウジング
    • 〒220-0073
    • 神奈川県横浜市西区岡野1丁目16-16
      第2梅沢ビル5F
    • TEL/045-594-6613
    • FAX/045-594-6614
    • 神奈川県知事 (3) 第28685号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

梅澤 英孝 最新記事



梅澤 英孝

あなたに「この住まいを買って本当によかった」と言って頂きたい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る