保土ヶ谷区の不動産なら仲介手数料無料のコノミハウジング > コノミハウジングのブログ記事一覧 > 建売り住宅と注文住宅はどっちが良い?双方のメリット・デメリットとは

建売り住宅と注文住宅はどっちが良い?双方のメリット・デメリットとは

≪ 前へ|共働き夫婦の住宅購入・ライフプランと一緒に検討すべきこと【後編】   記事一覧   保土ケ谷区へ引越し 忘れてはいけない必要な手続きとは|次へ ≫

建売り住宅と注文住宅はどっちが良い?双方のメリット・デメリットとは

カテゴリ:戸建て・マンションについて勉強する

マイホームとして一戸建ての購入を検討している方は、建売り住宅と注文住宅、どっちの住宅購入をお考えですか。

一見するとどっちも似ている物件ですが、両者には大きな違いがあります。

これからのマイホームでの新生活を快適に送るためにも、その違いやメリット・デメリットをきちんと把握することをお勧めします。

今回は住宅購入を考えている方にぜひ知って欲しい、建売り住宅と注文住宅のメリット、デメリットについて説明します。


建売住宅と注文住宅の模型


建売り住宅vs注文住宅:建売り住宅のメリット


まず、建売り住宅のメリットについて説明します。

建売り住宅は主に、不動産会社や住宅会社が土地を仕入れている場合が多いです。

その理由としては、建売会社には独自のネットワークや土地の仕入れ先があり、個人では購入できない大きな土地を買い取ることができるためです。

そのため立地に関しては、建売り住宅の方が有利と言えるでしょう。

条件の良い土地に家を建設して販売をしますので、立地にこだわりたい方に向いている物件です。


建売り住宅vs注文住宅:注文住宅のメリット


続いて注文住宅は、ご自身のこだわりを反映させやすい点が大きなメリットとなります。

間取りや設備・材料など、全てを相談しながら決めることができるため、品質にこだわりたい方に向いているでしょう。

また注文住宅の場合、工事中に現場を直接確認できることも一つのメリットと言えます。

現状の施工状況を実際に見ることで、ご自身の要望や意見をより細かく伝えやすくなりますよ。


建売住宅と注文住宅の設計図


建売り住宅と注文住宅のデメリット


建売り住宅と注文住宅にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

 

まず注文住宅は、品質にこだわる分どうしても価格が高くなる傾向があります。

また、土地を自分で探さなければならない注文住宅は、ある程度不動産に関する知識も欠かせません。

 

一方、建売り住宅のデメリットとしては、間取りや設備の選択ができない点が挙げられます。

建売り住宅は、施工する不動産会社が間取りや導入する設備を決めるため、間取りや設備にこだわりたい方は注文住宅の方が向いているでしょう。

 

おわりに


いかがでしょうか。

建売り住宅か注文住宅のどっちにしようか迷った場合は、ご紹介したメリット・デメリットを踏まえ、「家にご自身を合わせるのか」「家をご自身に合わせるのか」と判断すると良いでしょう。

横浜マンションライフでは、住宅購入を考えている方にぜひ紹介したい保土ケ谷区の新築一戸建て物件を多数取り扱っていますので、気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|共働き夫婦の住宅購入・ライフプランと一緒に検討すべきこと【後編】   記事一覧   保土ケ谷区へ引越し 忘れてはいけない必要な手続きとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 当社が選ばれる理由
  • 購入の流れ
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • ブログ
  • お問い合わせ
  • 更新情報

  • 会社概要

    会社概要
    コノミハウジング
    • 〒220-0073
    • 神奈川県横浜市西区岡野1丁目16-16
      第2梅沢ビル5F
    • TEL/045-594-6613
    • FAX/045-594-6614
    • 神奈川県知事 (3) 第28685号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

梅澤 英孝 最新記事



梅澤 英孝

あなたに「この住まいを買って本当によかった」と言って頂きたい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る